高血圧の種類と予防方法について

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高くなる状態です。高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いが、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症原因となるので臨床的には深刻な状態です。高血圧とは、発生原因より「一次性高血圧」と「二次性高血圧」2種類があります。約90%程度が原因不明の一次性高血圧で、残りの約10%が何らかの原因で高血圧になっている二次性高血圧です。

高血圧は、誘引として遺伝子素因に加えて、過剰なエネルギーの摂取や肥満、塩分の多い食事、運動不足、喫煙などの環境要因が加わることによって発作します。そのため、高血圧は「生活習慣病」とも言われているため、高血圧を予防するには、血圧を上昇させない生活習慣を身につけるのは一番大切です。生活習慣に四つのポイントに気をつけてください。

1.ストレスを解消すること

ストレスをたまると、血圧にも影響を与えます。現代社会の生活にはストレスを受けないことは少ないですが、運動や旅行でたまったストレスを解消するこは大切です。

2.タバコをやめること

喫煙することで急激に血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くなります。それだけでなく、タバコは脳卒中や狭心症、心筋梗塞発症の最大の危険因子になることが今はっきりわかっています。ですから、健康のため、タバコをやめましょう。

3.肥満を解消すること

太っている人ほど高血圧になりやすいと考えられています。やせると血圧が下がることは明らかにされており、太っている人はよく運動したり、食事から摂取カロリーを減らしたりして、減量する必要があります。

4.塩分の摂取量に注意すること

食生活の中では塩分が重要ですが、塩を取りすぎると血圧が上昇することになります。塩分を減らすと血圧が下がるのは明らかなため、ガイドラインとしては1日6g以下の塩を摂取するのはお勧めです。