二次性高血圧の基礎知識の大集合!

二次性高血圧とは
二次性高血圧とは、腎性、内分泌性、血管性、薬物による高血圧です。遺伝因子、生活習慣、加齢などの原因でもたらされる一次性高血圧と比べて、二次性高血圧になる場合が少ないと言われています。

二次性高血圧の種類
二次性高血圧の種類というと、二次性高血圧になる原因によって腎性高血圧、内分泌性高血圧、血管性高血圧、薬剤誘発性高血圧などの種類があります。
腎性高血圧
腎性高血圧は二次性高血圧の中で頻度が高いと認められています。腎性高血圧は腎炎や腎盂腎炎などのほか、腎動脈に動脈硬化が起こることもあります。腎動脈硬化で腎臓の働きが徐々に低下していきますから、余分な塩分と水分の排泄ができなくなって血圧が上昇します。

内分泌性高血圧
内分泌性高血圧はホルモンの分泌が異常になる病気で起こる高血圧です。内分泌性高血圧の場合は、バセドウ病などの甲状腺機能亢進症で起こることが多いのですが、原発性アルドステロン症やクッシング症候群、褐色細胞腫などの副腎の病気が原因になることもあります。

血管性高血圧
血管性高血圧は心臓の血管や大動脈などの重要な血管が詰まったり弁の開閉に支障が出たりして、動脈に異常なほど高い圧がかかって起こるタイプです。その中で大動脈縮窄症と大動脈炎症候群などが代表的な病気です。

薬剤誘発性高血圧
薬剤誘発性高血圧は喘息や心臓病、うつ病などに対する治療薬に血圧を高める副作用があるために起こる高血圧のことです。

二次性高血圧の改善方法
二次性高血圧はほかの病気や、薬などで引き起こされる病気ですから、通常の場合、これらの病気を治療することで、また薬の使用を中止するとともに症状が改善されることができると考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です