どんな人が高血圧になりやすいか?

高血圧は生活習慣病の一つとして多くの人の健康に大きい影響を与えています。それでは、一体どんな人が高血圧になりやすいですか?これから、高血圧になりやすい人の特徴をまとめていますから、ぜひご覧ください。

外食が多い、また塩分の多い食事が好きな人
外食が多い場合、また塩分の多い食事が好きなら、塩分の過量摂取になってしまうことができます。自宅の食事と比べて、外食は食物の味の濃度を重視するために、塩分がもっと多いと認められています。また、塩分の過量摂取は高血圧になる重要な原因ですから、それで、外食が多い、また塩分の多い食事が好きな人は高血圧になりやすいと言われています。

野菜より、肉がもっと好きで偏食傾向がある人
偏食傾向がある人は高血圧になりやすい原因は二つの方面があります。一つは野菜が嫌くてあまり食べないなら、生野菜に多く含まれているカリウムの摂取が足りなくなってしまいます。また、カリウムは塩分を体外に排出させる効果がありますから、摂取不足の場合、血液中の塩分濃度が上昇し、高血圧をまねきます。もう一つの原因は肉がもっと好きで偏食傾向がある人は肥満になりやすいから、心臓に大きな負担を与えて高血圧をもたらします。

お酒が大好きな人
アルコールが血圧を上げることはもう周知されています。過度飲食の習慣を持つ人は高血圧になるリスクがもっと高いと考えられています。

高齢者
年とともに血管の弾力性が低くなったり、血流の流れが悪くなったり、自律神経の働きも低下して血管の収縮や拡張がうまくできませんから、それで、高齢者が高血圧になりやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です