高血圧の主な症状の紹介

高血圧は、一般的に自覚症状を感じないままに進行し、突然、死に至る重大な合併症を引き起こすことで、「サイレント・キラー」と呼ばれることもあります。高血圧にはこれといった自覚症状がありません。主な症状として頭痛を感じることもありますが、これはストレスや寝不足、肩こりなどの原因によっても現れる症状であるため、診断を受けて初めて、「そういえば」と思い当たることが多いようです。ここで、高血圧の主な症状について紹介しますので、是非ご参考ください。

1.めまい

めまいといえば低血圧のほうがつながりが深いような気がしますが、高血圧の症状でもめまいはおきるのです。めまいがおきたときには部屋を暗くし安静にしていれば症状はおさまります。それでも症状がおさまらずしびれや麻痺などの症状がみられるときには脳の疾患を引き起こしている可能性もありますので、医師の診察をただちに受けたほうがいいでしょう。今は家庭用の血圧測定器も色々ありますので、自分の血圧を常日頃からはかっておくことも、大事な健康管理のひとつです。性能や値段も様々ですが、正確な血圧をはかるためには、血圧測定器自体の性能ではなく、「毎日決まった時間にはかる」ことがなによりも大切です。

2.こころの疾患

高血圧で血管に圧力がかかった状態が続くと、血管が硬くなり、硬くなった血管に血液を送り込む心臓にも多大な負担がかかります。そのため、心臓の筋肉は鍛えられて厚くなり、肥大化します。心肥大になると、心筋梗塞、狭心症、心室性不整脈などのリスクが高まります。

3.脳出血

血圧が高い状態が続くと、脳血管の壁が傷つけられて壊死し、小血管が破裂して脳内出血を起こします。出血によりできた血の塊を血腫といい、腫瘍が大きくなると脳を圧迫して頭痛や意識障害などを引き起こします。

高血圧を引き起こす原因の紹介

高血圧とは、血圧が高すぎる状態のことをいいます。しかし、一回だけで、測定結果が正常より高い状態になることは高血圧と判断できません。高血圧症とは、何度繰り返して測っても血圧が正常より高い場合(最高血圧が140mmHg以上、あるいは、最低血圧が90mmHg以上)をいい、その場合、高血圧と診断されます。高血圧を放っておくと、動脈硬化によって、脳卒中や心筋梗塞、慢性腎臓病(CKD)、糖尿病腎症など様々な病気の原因となります。また、糖尿病などの合併症を起こすなどの悪影響があります。

高血圧の原因は、遺伝や生活習慣にあると考えられています。特に、遺伝的に高血圧を持っている方は、日常の生活習慣に注意する必要があります。また、遺伝的性質を持っていない方でも生活習慣が悪いと、高血圧になる恐れがあるので、注意しましょう。次に、高血圧の原因となる生活習慣について紹介します。

1.喫煙

喫煙の習慣が、高血圧の要因かどうかについては、まだ明確になっていません。

ただしタバコを喫うと、一時的に血圧が上昇します。また、動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳卒中の原因となることがわかっています。さらに、メタボリックシンドロームの重要な危険因子でもあります。それだけに「血圧が高め」の人は、タバコの本数を控え、できれば禁煙をするほうがいいでしょう。

2.睡眠不足

睡眠障害のある患者は、糖尿病・高血圧・動脈硬化になりやすい?によれば、睡眠障害がある患者は、頚(けい)動脈の内壁が分厚くなって血管が狭まっており、動脈硬化を進行させるリスクが高まっていることも明らかになっているそうです。睡眠不足で8時間勤務したグループと、残業して3~4時間しか眠らなかったグループについて、翌日(通常勤務)の血圧の推移を比較した結果、残業した群のほうが血圧は終日高かったそうです。また、別の研究でも、徹夜した群は眠った群に比べて、翌日の拡張期血圧(最大血圧)が平均10mmHg高かったという結果が出ているそうです。睡眠不足の中高年、高血圧の危険が高まる=米研究で紹介した米シカゴ大学の研究チームによれば、睡眠時間が少なかった人は高血圧になりやすく、睡眠時間が少なくなるごとに高血圧へのリスクが高まるそうです。

3.塩の取りすぎ

塩(塩化ナトリウム)をとりすぎると、尿中へナトリウムを排泄するという腎臓の能力を上回ってしまうため、血液中にナトリウムがたまります。ナトリウムがたまると、水分を蓄えてナトリウム濃度を調節しようとする働きにより、循環血流量が増加して、血圧が上がります。

高血圧治療ための生活習慣ポイント

高血圧の治療方法としては、「薬物療法」と「非薬物療法」の2種類があります。つまり食事や運動など生活習慣の改善で治す方法と、薬で治す方法があるのです。高血圧の重症度によっては、生活習慣の改善だけでまったく薬を必要としない場合もあります。高血圧は、一生付き合っていかなければならない場合もありますから、生活習慣の改善も重要です。これから高血圧の治療のため、生活習慣のポイントについて紹介しますので、是非ご注意ください。

1.必要な睡眠時間を確保する

必要な睡眠時間は人それぞれですが、自分にとって最適な睡眠時間が確保できないと、気づかないうちに疲労やストレスがたまり、血圧が上昇することになります。できるだけ睡眠時間を確保する努力をしましょう。

2.ストレス解消

ストレスがかかると血圧が上昇します。たとえば、医師の前で血圧を測ると、血圧値が上がることがあります。これは緊張でストレスがかかるために高血圧が起こるのです。また、競争心や攻撃性が強く、いつもいら立ってせかせかと行動し、完璧主義の人はストレスがたまりやすいようです。そのような人は特にストレスのたまりに注意が必要です。ストレス解消は、まず食事、歩行、会話をゆっくりすることから始めてみましょう。

3.入浴のポイント

入浴は、血管を広げ血行をよくするため、血圧を下げる効果があります。また、疲労回復やストレス解消にも効果的です。ただし、いくつか気をつけたいポイントがあります。ぬるめ(40℃くらい)のお湯にすること、長湯はしないこと、そして、寒い季節は脱衣所や浴室を暖めることなどを心がけてください。また、心臓に合併症のある高血圧の場合には注意が必要です。

4.性生活にご注意

性生活は、一時的に血圧を急に上げるので、収縮期血圧が180mmHg以上ある人や、心臓に重い障害がある人は是非ご注意ください。それ以外の人は、それほど制限する必要はありません。

高血圧の種類と予防方法について

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高くなる状態です。高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いが、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症原因となるので臨床的には深刻な状態です。高血圧とは、発生原因より「一次性高血圧」と「二次性高血圧」2種類があります。約90%程度が原因不明の一次性高血圧で、残りの約10%が何らかの原因で高血圧になっている二次性高血圧です。

高血圧は、誘引として遺伝子素因に加えて、過剰なエネルギーの摂取や肥満、塩分の多い食事、運動不足、喫煙などの環境要因が加わることによって発作します。そのため、高血圧は「生活習慣病」とも言われているため、高血圧を予防するには、血圧を上昇させない生活習慣を身につけるのは一番大切です。生活習慣に四つのポイントに気をつけてください。

1.ストレスを解消すること

ストレスをたまると、血圧にも影響を与えます。現代社会の生活にはストレスを受けないことは少ないですが、運動や旅行でたまったストレスを解消するこは大切です。

2.タバコをやめること

喫煙することで急激に血管を収縮させてしまい、血液の流れが悪くなります。それだけでなく、タバコは脳卒中や狭心症、心筋梗塞発症の最大の危険因子になることが今はっきりわかっています。ですから、健康のため、タバコをやめましょう。

3.肥満を解消すること

太っている人ほど高血圧になりやすいと考えられています。やせると血圧が下がることは明らかにされており、太っている人はよく運動したり、食事から摂取カロリーを減らしたりして、減量する必要があります。

4.塩分の摂取量に注意すること

食生活の中では塩分が重要ですが、塩を取りすぎると血圧が上昇することになります。塩分を減らすと血圧が下がるのは明らかなため、ガイドラインとしては1日6g以下の塩を摂取するのはお勧めです。

高血圧解読・高血圧のそれぞれ

まず、これを見てください!
成人における血圧の分類
1.至適血圧
収縮期血圧:<120 かつ 拡張期血圧:<80

2.正常血圧
収縮期血圧:<130 かつ 拡張期血圧:<85

3.正常高値血圧
収縮期血圧:130 – 139 また 拡張期血圧:85 – 89

4.Ⅰ度(軽症)高血圧
収縮期血圧:140 – 159 また 拡張期血圧:90 – 99

5.Ⅱ度(中等症)高血圧
収縮期血圧:160 – 179 また 拡張期血圧:100 – 109

6.Ⅲ度(重症)高血圧
収縮期血圧:≧180 また 拡張期血圧:≧110

7.収縮期高血圧
収縮期血圧:≧140 かつ 拡張期血圧:<90

あなたの場合はどちらですか?

生活習慣病のひとつとされ高血圧(こうけつあつ、Hypertension)とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態である。高血圧自体の自覚症状は何もないことが多いが、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全などの発症原因となるので臨床的には重大な状態である。

そして、一般的には若いうちから塩分を控えた食生活にすることや、たっぷり野菜をとることや、喫煙をしないことや、適度に運動を実行することが鍵となる。本人の努力も必要なことは言うまでもないが、親や家族や地域の連携的な対策も鍵となる。

高血圧、肥満、高脂血症、糖尿病との合併は「死の四重奏」「syndrome X」「インスリン抵抗性症候群」などと称されていた。これらは現在メタボリックシンドロームと呼ばれる。

高血圧はそのままにすると
1.脳卒中を起こる可能性があります。
脳卒中は高血圧によって最もリスクが高くなることであります。

これは収縮期血圧(最高血圧)が10mmHg上昇すると、脳卒中のリスクが男性で約20%、女性で約15%高くなります。

2.心筋梗塞と狭心症を発生率が高くなる
高血圧は心疾患のリスクも高めて、特に男性の場合は影響が大きく、収縮期血圧が10mmHg高くなると心筋梗塞や狭心症の危険度が約15%を増加します。

3.慢性腎臓病を起こる可能性があります
血圧が高いと腎臓にも大きな負担がかかり、血液中のナトリウムなどの排泄がうまく行かない、最後に血圧が上昇する悪循環を起こしやすくなります。慢性腎臓病を起こす率が高くなることがあります。

高血圧の原因
最初の血圧の分類によって収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90以上に保たれた状態が高血圧であるとされている。でも、近年の研究では血圧は高ければ高いだけ合併症のリスクが高まるため、収縮期血圧で120未満が生体の血管にとって負担が少ない血圧レベルとされている。

現在、高血圧の原因は特定できている場合とそうでない場合で大体二分類して、原因がよくわからない「本態性高血圧症」と、特定の原因が明らかになっている「二次性高血圧」に分類するということが行われている。

本態性高血圧の原因については原因のよく判らないものを「本態性高血圧症」と呼ぶことですので、良く判っていないの原因は 単一ではなく、「両親から受け継いだ遺伝的素因が、生まれてから成長し、高齢化するまでの食事、ストレスなどの様々な環境因子によって修飾されて高血圧が発生する」ということであります。
例えば:
1.塩分の過剰摂取
食塩の過剰摂取には血圧の上昇を招き、心臓病や脳卒中のリスクを高めることができます。

2.肥満、飲酒

3.血圧反射機能の障害

4.睡眠不足

二次性高血圧は明らかな原因疾患があって生じる高血圧をいい、以下のような疾患が原因となる可能性があります。
1.大動脈縮窄症 先天性疾患

2.腎血管性高血圧

これは腎動脈の狭窄があり、血流量の減った腎でレニンの分泌が亢進することで起きます。

3.甲状腺機能異常

4.妊娠高血圧症候群

高血圧の症状勃起不全対策
高血圧の初期症状

めまい、頭痛、耳鳴り、肩こり、頭が重く感じる、貧血、鼻血、目が赤いなどです。

高血圧が進行するにつれて、出てくる症状

むくみ、足の痺れ、頻尿、動悸、胸痛、呼吸困難などです。

高血圧の合併症

1.脳血管障害

2.心臓疾患
虚血性心疾患、心肥大、心不全

3.血管疾患
動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、眼障害

4.急性症状
高血圧緊急症、食後低血圧

5.代謝内分泌疾患
高尿酸血症

高血圧・できる食べ物
1.牛乳、サントリー胡麻麦茶

2.グレープフルーツ

3.コーヒー

食事の場合
1.食塩制限

2.カリウム摂取

3.飲酒の制限

4.ダッシュダイエット

生活の場合
1.寒冷が血圧を上げることが示され、季節では冬季に血圧が高い。高血圧患者では冬季の寒冷刺激を緩和するために、トイレや浴室などの暖房も望まれる。入浴は熱すぎる風呂、冷水浴、サウナは避けるべきである。便秘に伴う排便時のいきみは、血圧を上昇させるので避けるほうがいいです。

2.禁煙

>>大きくしたいから、ペニス増大サプリを使ってみようと考えてる方はいると思います。現在、ペニス増大サプリメントは数多くの商品ありまして、広告を見てどれも大きくなりそうに見えるけど、どう選ぶか迷うでしょう。

>>催情水は女性用液体媚薬として、研究者が長時間で生物の抽出物を利用して作った媚薬です。普通の催情水は無色無味で、使いやすいです。媚薬の通販サイトで購入できます。

>>日本において早漏に悩まれている男性は多いです。早漏になると、夫婦生活が円滑できなくなって、夫婦関係を影響します。本サイトは早漏正規品を販売しています。ご利用ください。

>>臨床試験によると、正規品レビトラ10mgはバイアグラ50mgに匹敵するほど効果があります。また、レビトラ20mgはバイアグラの100mgに相当する効果が高いED(勃起不全)治療薬です。

>>シアリス情報サイトです。シアリスジェネリックはシアリス同様にED治療薬で、自然な勃起を促進してくれる安全な精力剤なのです。シアリスジェネリックは男性のED、早漏、インポテンツ、勃起不能など症状に抜群な効果があります。性欲を向上することもできます。

>>ED治療精力剤は主に、タダラフィルという材料を含めています。タダラフィルは体内のホスホジエステラーゼの酵素の吸収を抑制して、環状グアノシン一リン酸の分解がこのようにコントロールして、陰茎周辺部に働き血管を興奮して、血液の循環運動を加速して、短い間での勃起を可能になります。